夏バテにおすすめ! モロヘイヤの食べ方

モロヘイヤが日本でも食べられるようになったのは近年になってからです。このモロヘイヤは栄養価が高く、夏バテの改善にはとても役立ちます。



サイトトップ > モロヘイヤについて

スポンサードリンク

夏バテにおすすめ! モロヘイヤの食べ方

モロヘイヤについて


モロヘイヤは、インドやエジプトなどの地域で昔から栽培されてきた野菜です。このモロヘイヤという言葉は、アラビア語で「王様の野菜」という意味を表しています。


古代のエジプトには、重い病に侵されてどんな薬を飲んでも治らなかった王様が、モロヘイヤのスープを飲んだら治ったとか、王族以外には食べることが禁止されていたといった話があります。こういったことから、モロヘイヤという言葉が生まれていったのだと考えられます。


このモロヘイヤが日本に入って来てから、まだ20年くらいしか経っておらず、その歴史はまだ浅いですが、それでも現在では日本の各地で栽培されており、大体どこのスーパーに行っても購入できるようになっています。


モロヘイヤは非常に栄養価の高い野菜としても知られており、身体の抵抗力を高める働きのあるβ-カロテンやビタミンC、疲労回復を促す効果を持つビタミンB1やビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン類をたくさん含んでいます。その他にも、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルも多く含まれています。


モロヘイヤの原産地は、インドからアフリカにかけた熱帯地域であるため暑さに強く、ちょうど日本が夏を迎えた頃が旬となっています。ですから、モロヘイヤは青菜類が少ない夏の時期などに、夏バテを防ぐための栄養のある野菜として非常に重宝します。


夏バテにおすすめ! モロヘイヤの食べ方

MENU



スポンサードリンク